アメリカ 結婚式の母ファッション

マイナイトアウトがドレスを仕入れている、ニューヨークのエージェントの1社から、2018年秋のドレス・カタログが送られてきました。Mother of the Bride。 エレガントでドレッシーでうっとりします。

でも、日本で結婚式の母が着てくれるでしょうか・・・。 ↓

 

デコルテが大きくくられているので、昼の結婚式ではドレスコードに於けるマナー違反に当たりますし、例え、ナイト・ウェディングでも、招待客にお辞儀をする母としてはちょっと色っぽ過ぎますね。

このくらいの胸の空きだったら、大丈夫ではないですか!? ↓

 

アメリカでは、お母さんがウェディングパーティにフツーに着ているドレッシーなドレスですが、日本では、「お母さん、どうしちゃったの?」とか、「お母さんが頑張り過ぎてる」とか言わそうで・・・と、敬遠されるお母様がとても多いです。

お母様同士が、「ドレスを着るのは私の結婚式以来~」「うきうき、どきどきしちゃいます」と、娘、息子の結婚式にご自身のドレスアップを楽しむことの出来る文化になるといいのに、と私は思います。

 

結婚式の祖母の装い/コサージュ

結婚式でドレス姿のおばあさまを見かけると、幸せの波紋が何倍も広がる気がします。お若いなぁ~。お元気だなぁ~。素敵~!と思えるからです。

お洋服がおとなしめの色やデザインでしたら、ぜひぜひ!綺麗な色のコサージュをお付けください。黒基調のドレスには、ブラック&ゴールドのコサージュを選びがちですが、

私なら、お顔が明るく見えるシャンパンカラーで可愛いデザインをお薦めします。

ドレスによっては、こんな個性的なコサージュも!

ご自宅の鏡の前で、「こんな派手なのしたらおかしいと思われちゃう!」なんて言わないでください。会場はドレスアップされたお客様をお迎えするように、建物もインテリアもデザインされています。派手すぎるかな?ゴージャス過ぎるかな?と思うくらいが、バランスが合うのです。

ほんとです。信じてくださいな。

マイナイトアウトのウェディングドレス・プラン

デザイン性の高い、品質の良いブライダルドレスを、もっともっとリーゾナブルなプライスでご提供したい・・・。

通常、ウェディングドレスのレンタル料金は、セミオーダーした場合の価格とそれほど変わらないのが現状です。それにはそれなりの理由があるのですが、独自な発想と努力で、レンタル料金10万円以下の花嫁衣裳コーディネート(ブライダルパック)をご提供。それが、マイナイトアウトのウェディングドレスです。

スタイリッシュなスレンダータイプのドレス。

 

トレーンを着けて結婚式。外して二次会。追加料金はありません。

 

プリンセスラインのスカートはやっぱり豪華!!

詳しくは、マイ・ナイト・アウトにお問い合わせください。

電話:03-6809-0370 e-mail :mno@vary.jp

 

 

結婚式の祖母の装い

マイナイトアウトのドレスは、新郎・新婦の祖母(おばあ)様にもよく利用いただいています。

着物では裾捌きが難しくなりました。

トイレが大変。

長い時間、帯で締めつけられると思うと不安になります。

といった理由で、楽な洋装にしたいと。皆様、お洒落や好みにそれぞれの拘りをお持ちで、ドレス選びのお手伝いがこれまた楽しいのです♪♪♪

ゆったりした黒のロングドレスに、襟周りと袖周りに小さな白いビーズがいっぱい施されている黒のカーディガンのアンサンブルスタイルでゴージャス!!

控えめにラメが施されているシルバーの総レースのワンピースドレスに、シルバーのジャケット。くるぶしが見える丈でスタイリッシュな雰囲気です。

レンタルなら、おばあさまのドレスも思いっきりお洒落です!気軽です!

レンタルドレスのマイ・ナイト・アウト http://mno.vary.jp/index.html

 

 

カバー写真を変更しました

マイ・ナイト・アウトによる「ママと私のレンタルドレスショップ」のカバー写真を更新しました。

洋装のお母様が花嫁様をエスコートしてお色直しのために退場するシーン。

まるで映画のワンシーンのように感動的です。

黒留袖も荘厳で素敵ですが、こんなシーンはやっぱり洋装が合うなぁ、と思ってしまいます。

内輪の結婚式

先日、正礼装について投稿しました。

正礼装! 格調高く、改まった雰囲気になります。マイ・ナイト・アウトのドレスは海外で仕入れているので、本格的なアフタヌーンドレスが多いです。お帽子を被ったら皇室の妃様みたいになります。

親族中心にお招きしている結婚式なので、あまり堅苦しくなく、でも失礼のない装いを!と、希望されるお母様には、準礼装スタイルをお薦めします。ワンピースドレス+ボレロ or ジャケットだったり、ジャケット+スカートの組み合わせは、適度に流行を取り入れたり、個性を生かすことも出来ます。黒を基調にした準礼装はこんな感じ。

 

 

ピアノ発表会とドレス

年に2回の発表会。6年間、毎回、マイナイトアウトのドレスを利用くださっているH様が今年も試着に来てくださいました。

春は比較的小規模でステージの背景は白。秋は背景がブラックの大きなホールで発表会が開かれます。背景に映える色をdiscussするのはもちろんですが、曲目と、H様が描いているイメージを、あ~かしら、こ~かしらと意見を交換しながらドレスを選ぶ時は私にとっても、とても楽しいひと時です。

春のドレスはこんな風。

秋は華やかに、ゴージャスに。

今年の春のドレスは・・・

発表会のお写真、楽しみにしていま~す♪

レンタルドレスのマイ・ナイト・アウト http://mno.vary.jp/sora/stage.html

 

花嫁の母です。黒ドレスがいいんですよね!?

↑ と、聞かれました。

「ネットで調べたら、結婚式の母が洋装の場合の正礼装は、”黒のロングドレス”と書いてあったので黒のロングドレスを探しています。こういうの着てみたいです!」と。 ↓

   

これらのドレスは、イブニングドレスに分類されます。イブニングドレスとは、夜のフォーマルシーンの正礼装で、男性の燕尾服/タキシードと同格です。フルレングス丈で、胸か肩か背中を大きくくくった高い露出度が特色です。ナイト・ウェディングで、ご招待客に、「ドレスコード:ブラックタイ」とご案内されたパーティでしたらありかも知れませんが、フツーの結婚式でしたらお客様がひかれてしまいます(^^;)

そもそも、フォーマルウェアのスタンダードでは、色による格式の上下はありません。ブラックカラーがお好きかどうか、ブラックが一番似合う色なので着たい!とか、そんな観点で選ばれることをお勧めします。

最後に、全身ブラックドレスの場合は喪の色にならないように気を付けましょう。弔事用のブラックフォーマルに、コサージュと肌色のストッキングで慶事用にコーディネートしました☆、では足りません。お洒落をして参列くださるゲストの方々に失礼に当たらぬよう、素材やデザインを選びましょう。

  

結婚式にお客様をお迎えする立場として装うブラックカラーのドレス。昼の結婚式、夜の結婚式にも相応しいお母様ドレスです。

マイナイトアウト http://mno.vary.jp/sora/madam.html

 

 

結婚式の母、正礼装ってナニ?

ずばり、フォーマル・ウェアの一番格式の高い装いです。和装で言うと「留袖」です。黒留袖と色留袖がありますが、結婚式のお母様は圧倒的に黒留袖が多いですね。上半身は黒一色で地味と言うか控えめな印象ではありますが、帯から裾にかけ吉祥文様のある華やかな装いです。

では、洋装ではどうなるのでしょう。ドレスコードでは「アフタヌーンドレス」と称され、肌の露出度が少なく、袖は7分丈以上、着丈はノーマルからロング丈まで選べます。スタイルは、ワンピース・アンサンブル・ツーピース・スーツがあります。ジャケットとスカートの組み合わせは正礼装にはならないので気をつけてください。また、ラメやスパングルなどきらきら光り過ぎるのは、煌びやかな夜のフォーマルシーンの物なので、華やかさは色やライン(デザイン)で出したいものです。

左のドレス、この写真では白く見えますが、実際はシャンパンゴールドですので結婚式でも大丈夫です。中央のドレスは濃紺のジャガード織。パールのネックレスやシャンパンカラーのバッグで華やかな色を添えます。右は変り織りの高級素材が光ります。黒留袖と匹敵する正礼装です!

レンタルドレスのマイ・ナイト・アウト http://mno.vary.jp/madamdress.html

 

Thanks Messages

可愛いカードや綺麗な一筆箋にひと言いただく、お礼のメッセージ。気持ちがわくわくしたり、和らいだり、励みになったり。。。ありがとうございます!

レンタルドレスのマイ・ナイト・アウト http://mno.vary.jp/index.html