叙勲 伝達式の模様

「春の叙勲」。ご主人様が受章された際の奥様からご丁寧なお礼状をいただきました。6月にいただいたお手紙ですが、抜粋してご紹介させていただきます。


「先日はアフタヌーンドレスの件で大変お世話になりました。
アドバイスのお陰で、自信を持って未知の世界に踏み出すことが出来ました。
中略
皇居での拝謁では、天皇陛下が私の前で言葉をかけてくださった時には涙がこぼれました。服装に関しては多数の方が和服でしたが、ホワイトのアフタヌーンドレスにして本当によかったと思います。
後略」

来年には退位される天皇陛下からお言葉をいただくとは、なんという幸運なのでしょう。感動して私の目頭も熱くなりました。

同じく「春の叙勲」。ご本人様の授章でした。関西地方にお住まいで、長男のお嫁さんが仲介してくださり、ご自宅試着で大好きなペバーミントグリーンのアンサンブルドレスをお選びいただきました。お嫁さんからのメールです。


「昨日、無事受章させていただき帰宅しました! よく似合っていて、あのドレスにさせていただき本当に良かったです。ありがとうございました。明日、写真館で写真撮影します!  後略」

最後に、授章式の翌々日にご来店返却いただいた、東京在のお客様のご感想です。


女性はやはり、留袖が多かったです。でも、だからこそ私は洋装でよかったと思いました。早朝の着付けも美容院でのセットもしなくてすむので、朝も余裕。夕方まで楽でした。次ぎあるとしても、私は洋装にします!ってないですけれどね~(笑い)

皆様、おめでとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です