マイナイトアウトのロングドレス その②

前回、イブニングドレス(Evening Gown) を紹介しましたので、今回はステージ衣装らしいステージ衣装をご紹介しましょう。
ステージの照明に映え、左右の袖から、または正面の階段を下りながら登場する際に、これからどんな演奏が始まるのかしら・・・
どんな歌の世界が繰り広げられるのかしら・・・
と、お客様にわくわく感を持っていただけるような衣装。

例えばこのドレス・・・
声楽意外に、ピアノやフルート、ヴァイオリンのソロ演奏にもお薦めです。
ピアノの場合、たっぷりのスカートが椅子を覆いゴージャス感があります。フルートやヴァイオリンの場合は体の動きにスカートが揺らめき綺麗です。

例えばこのドレス・・・

と、このどれす・・・

スパンコールやラインストーンがドレス全体に散りばめられた豪華なドレスは、声楽向きでしょう。ライトのセンターに立つとドレスがきらきら光ります。伝説のオペラ歌手マリア・カラスと彼女が愛した眩いばかりのジュエルの話は有名ですが、なぜ彼女が大きなキラッキラッなジュエリーを身に着けたのか。
それは、彼女の顔がはっきりと見えない後方の席のお客様にせめて、ジュエリーの輝きを届けたいという彼女の想いだったそうです。

音楽の世界とドレスは一体です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です