クィーン・サイズのドレス

クイーンサイズのお客様。夏の結婚式に、

爽やかなドレス・・・

涼しげなレースドレス

ゴージャスなドレス・・・

ベージュ総レースドレス

最後にこの2点で迷われて・・・

「私が着れるドレスはないかもしれないと心配でした。どのドレスにするか迷うとは思ってもみませんでした。ドレスの試着、とても楽しかったです」

と、謙遜されてましたが、とてもお似合いでお綺麗でした。

 

 

ボレロではなくてジャケット丈

結婚式の母

ひとりひとり顔が違うように、身長もサイズも様々です。

そして、好みも様々。

新郎・新婦の母が、マイナイトアウトで選ぶ一番人気のドレスは、Aラインのワンピースドレスに共布のボレロのアンサンブルスタイルです。ジャケットの丈が腰の辺りに及ぶスーツスタイルは、華やかさが足りないと思われるようで、敬遠される方が少なくありません。

昨日、結婚式・披露宴を無事終わられたお母様は、仕事ばりばりの会社の役員さんで、フリルやふわっと裾の広がったスカートは自分らしくなく落ち着かないので、シンプルなラインを希望されました。ご利用いただいたのがこの ↓ 正礼装スタイル。

シンプルなラインだけど光沢があり華やか!

ご自身の好みだけあって、とてもお似合いでした!

返却いただいたドレスにメモが同封されており、「この度は大変お世話になり、ありがとうございました。おかげ様でよい一日を過ごすことができました。」とありました。

こちらの方こそ、ありがとうございました!!

結婚式 両家の正装バランス

楽しく感動的な結婚式・披露宴の閉会時、一般的には新郎・新婦を挟んで、ご両親が並びご挨拶をされます。
この時、ご両親の服装が同格であるのが望ましいですね。

例えば、新郎のお父様がモーニングコートをお召しになられたのに、新婦のお父様がご招待客と同格の黒の礼服(ブラックスーツ)ですと、招待客様達が違和感を覚え、どうにも落ち着きません。

女性の正礼装と準礼装は、男性のそれほど差はないものの、やはりバランスを考えるとそろえたほうが安心です。

 

盛装されたご両親様は皆様姿勢良く、立ち居振る舞いも自然と優雅になるようです。

真夏の結婚式

「7月に、親友のお嬢さんの結婚式に招待されました。
暑がりなんです。だから希望が3点あります!」

と、おっしゃる若々しい50代のお客様。そのご希望とは、

1.周りの方々に涼しげな印象をもたらしたい

2.何より自分自身が着ていて涼しいドレス

3.涼しさを求めるあまりカジュアルになり過ぎない。お洒落なドレスアップ

で、選んでいただいたのがこのドレスです。

色はアイスブルー。素材はシルク100%の総レース。5部袖のツーピースドレスは身体のどこも締めないので、1日着心地よく過ごせます。見ている私たちにも爽やかさが伝わります!

 

ソプラノ発表会はドレスも大切?

マイナイトアウトのドレスは、ステージドレスとしてもご利用いただいています。

写真は、ソプラノ発表会で着装いただいたドレスです。
張りのある上質なタフタ地が、オペラのヒロイン、華やかで可愛い貴族のお嬢様のアリアにぴったりでした。

ステージドレス

声楽、ピアノ、弦楽器などのコンサート、リサイタルにもマイナイトアウトのレンタルドレスで素敵な世界観を。
http://mno.vary.jp/sora/stage.html

お客様にいただく励まし

叙勲の日にマイナイトアウトのフォーマルドレスをご利用いただくお客様は、地方在住の方も多くいらっしゃいます。

飛行機や新幹線で上京されるのに、御着物の荷物は持ち運びが容易ではありません。

レンタル着物をご利用される方も、早朝からの美容院や着付けの手配が悩ましいところです。

これらの理由で、洋装フォーマルをお選びいただいたお客様のお一人。
式典終了後すぐに、レンタル商品一式を返却発送くださったのですが、パールネックレスを入れ忘れてしまわれました。ご自宅に帰られて気が付かれたのでしょう。翌日、レターパックで郵送くださいました。同封のメッセージに、心から感謝です。

ドレス返却に同封のメッセージ

サイズがご心配ですか?!

5月は叙勲の季節です。
授章式の日は長い一日になる為、和装より楽に過ごせる洋装フォーマルを選ばれるご婦人が増えています。

ご主人の受章により、マイナイトアウトのアフタヌーンドレスをお召しいただきましたお客様。身長が150cm未満で、ドレス丈が合うかご心配されてました。

でも、ご心配には及びません。マイナイトアウトはスタイリストと相談して、バイヤススカートの裾デザインを生かして自然な丈詰めを完成しました。

叙勲式のドレス

試着していただいたところ、お洒落な感じがとてもお似合い。着心地も良いとお喜びいただきました。

最近は慎重が170cm以上のお客様も稀ではなくなりました。スリムな方もクイーンサイズの方も、サイズがないのでは?と諦めないで、先ずはご相談ください。
素敵なドレスアップが出来るようお手伝いいたします。

「アペリティフin東京」のご案内

レンタルドレスのマイ・ナイト・アウトは、代官山駅から徒歩3分。ヒルサイドテラスを運営する会社所有のビルにあります。

ヒルサイドテラスは、定期的にコンサートや講演会等の文化的催しや、骨董市や食のイベントをバックアップ、或いは開催しています。風薫る5月は、フランス農業・食料省が主催する「アペリディフin東京」が、18~20日、ヒルサイドテラスの敷地にて開催されます。

アペリティフとは「食前酒」。欧米では、食事の前にワインや飲み物を片手にアムーズ・ブーシュ(一口サイズのオードブル)を味わい、集まった仲間とおしゃべりを楽しみながら和やかなひと時を過ごします。
マイナイトアウトのスタッフも毎年このイベントを訪れ、ワインやお洒落なアミューズを楽しんでいるので、皆様にご案内します。

詳しい情報は、http://www.aperitifjapan.com/

 

夏に向けての母ドレス

今年のゴールデンウィーク、おむねお天気に恵まれて気持ち良いですね。

初夏から夏にかけての結婚式の装い。フィッティングされる日も夏日の為か、レースをご希望される方が多いです。

本日ご紹介のお客様は、7月のウェディングパーティ、花嫁のお母様です。開始時間が15時過ぎるので、フォーマルでは夜のシーンになります。従って、昼のアフタヌーンドレスより華やかに、きらきら感や上品な透け感も上手に取り入れたいところです。

ネイビーのワンピースドレス ↓ は、ラメが織り込められた繊細なシルク混のレース素材。腕の透け感がディナードレスにぴったりです。胸元が詰まっているので結婚式のお母様も安心してお召しいただけます。

   ラメ入りネイビーレースドレス

 

こちらはアンサンブルスタイル。100%シルクシャンタンドレスにレースジャケット。シャンパンカラーがより華やかなドレス ↓ です。

シルク&レースアンサンブル

どちらもとてもお似合いでしたので、迷われました(^^)

花婿の祖母ドレス

新郎のお母様が、ご自身のお母様をご紹介くださいました。

花婿のおばあちゃま。前回、上のお孫さんの結婚式には黒留袖をお召しになりましたが、今回は夏の結婚式なので洋装をご希望。
88歳のおばあちゃまはスリムでお洒落で肌はつるつる☆ 髪はパープルのグラデーションが入っていて、同じカラーの春物のストールを首に巻いていました。

花婿の祖母ドレス

3着のドレスを試着いただきましたが、どれも本当に綺麗に着こなされました。

上品なシルバードレス

お話がお上手で会話が弾む、とても聡明な女性です。そして、とてもにこやかな笑顔。80歳代には見えない若さと健康の秘訣はそこにあり!とみました\\(^ ^)//

お帰りになった後も、スタッフと私。にこにこ・にこにこ。
笑顔が伝染しました。