結婚式の受付を頼まれました。

お友達の結婚式・披露宴で「受付」を頼まれるということは、とても仲が良いお友達同士で、且つ、信頼されている証拠ですね。

「受付」は、ゲストの方々が会場に到着して、一番最初にご挨拶するところです。これから華やかな結婚式が始まる♪♪♪ と、皆様の心がわくわくするような印象を心がけたいものです。もちろん、笑顔は大切。そしてドレスアップ!

新郎側の受付を担当される男性は、ほとんどがブラックスーツなので、新婦側の受付を担当されるお友達には、綺麗な色のドレスをお薦めしています。

少し離れた入り口から受付を目指して歩く時、受付の方の表情より、ドレスのデザインより、「受付」から放たれるカラーが何より、第一印象を決めるからです。

{花嫁・花婿を祝福して、私も楽しむ結婚式 ♪} マイ・ナイト・アウト

http://mno.vary.jp/sora/party.html

 

 

声楽発表会

ピアノや声楽など教室に通っていると、日ごろの勉強の成果をお披露目する発表会が定期的にあります。発表会なのでドレスアップせず、学生なら制服、社会人でしたらちょっとお洒落なよそ行きのワンピースで臨む方もいらっしゃいますが、せっかくのステージ!音楽の世界を装いにも乗せて表現してみませんか?!

 

 

 

 

 

 

 

↑ モーツァルトのコジ・ファン・トゥッテ。いいところのお嬢様姉妹の甘くはずむような二重唱、「私はあの黒髪の方にしてよ」。優雅な旋律にぴったりのドレスで、ご本人も観客もその世界に引き込まれるようです。

 

 

 

 

 

 

 

江東区ミレニアムホールでの発表会。マイナイトアウトのセールでお買い求めいただいたドレスで、初めての大きな舞台に立たれたお2人。伸びやかなソプラノを響かせて、歌はもちろん、ステージの立ち姿も綺麗で、目も楽しませてくださいました。

ドレスはステージの味方!マイナイトアウトのステージ衣装:http://mno.vary.jp/sora/stage.html

皇室行事での装い② 叙勲・褒章ご同伴者

平成30年春の叙勲

受章者の正式な発令はまだされていませんが、内定された方は服装について既に頭を悩ませる方も少なくないようです。

勲章の種類により違いますが、ドレスコードが正礼装の場合は、男性はモーニングかテイルコート、紋付羽織袴、またはこれらに相当する制服となります。

受章されるご本人に同伴される女性は、男性の装いに合わせます。洋装であればアフタヌーンドレス、和装では白襟紋付(色留袖)です。

叙勲当日は長い一日になるので、お着物を着る機会がほとんどない方は、帯の締めつけられ感や着崩れなどを心配されます。また、早朝の着付けや美容院の手配も悩みの種ですね。

一方、着付けや着装時の窮屈感等の心配がない洋装の場合の悩みは別のようです。ご自分の好みの色・デザインのドレスがアフタヌーンドレスとして適当か否か、和装の女性の中で浮いてしまわないか、男性はモーニングで迷いようがないので羨ましい・・・と、贅沢な悩みといえるようです。

ロングアフタヌーンドレスにわくわくされる気持ちは分かりますが、皇室での装いは、次のお写真の方のように、少し慎ましやかに、格式を優先することをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

皇室行事での装い

3月も半ばを過ぎ、もうすぐ4月ですね。

4月と言えば、お花見、入学式、エイプリルフール、花粉症・・etc

そして!!「春の園遊会」ですね。

マイ・ナイト・アウトでは、園遊会や叙勲、褒章の授賞式など、

皇室行事に参加されるお客様にも、ご利用いただいております。

 

春らしく、やさしいサーモンピンクのシルクドレス。

 

爽やかに、ブルーの地織りドレスも素敵です。

 

アフタヌーンドレスは、和装の留袖にあたります。黒はNGです。

色留袖に見られる綺麗な色を意識すると良いでしょう。

 

 

【皇室行事の装いも、マイ・ナイト・アウトで】

http://mno.vary.jp/madamdress.html

 

 

夏に向けて・・・お母様のドレス選び。

本日ご試着にいらしていただいたお客様は
6年前のご長男の結婚式でもご利用いただいたリピーター様です。
6年立ち思い出してくださり、「今回もここで」とご利用いただけること、 本当に嬉しく光栄なことと感じています!

ご長男の式は冬でしたが、今回のご次男の式は夏。
七夕に挙式とはなんともロマンティックですね!

季節柄、爽やかな感じをご希望とのことで。。。

最初の候補が上の画像です。
夏らしく、とっても爽やか、かつお似合いです☆

次に試着いただいたのはこちら。


こちらもとってもお似合いです。
普段から暖色系をお好みなので、こちらの方がよりご本人らしいとのこと。

客観的な目では、ブルーもピンクも非のうちどころがなくお似合いでしたが、
ご本人がより気持ちよくいられるピンクを選ばれました。

コーディネートがまたお洒落に決まりました♪
こんな感じです。

さらに少しのお直しを加える予定です。
当日までのお楽しみに!

母のフォーマルバッグ

結婚式のお母様、時々、「バッグは必要ないですよね?」とか、「写真撮影の時にバッグを持たないでので要らないのでは?」と訊かれます。

ずばりお答えします。バッグは必要です。

モーニングスーツのお父様が必ずグローブをご用意するように。

黒留袖のお母様が必ずお扇子をご用意するように。

昼間ならきらきら感を少し抑えたサテンのバッグ。

 

ネイビーのサテンのドレスには、まるでドレスの生地で作ったかのようなバッグ。ドレスの色に同化しないようにラインストーンのデコがアクセント。

こんな ↓ バッグは花嫁のお友達が持つパーティバッグ。母ドレスにはバランスが取れないので避けましょう。

DSC_0041

お客様からのプレゼント

若くでスリムでフェミニンな雰囲気をお持ちのお母様に、シルクのシルバー・アンサンブルドレスをご利用いただきました。

グレーヘア混じりのご主人がまた素敵!穏やかで優しい空気感を醸し出されるお2人です。

ドレス返却後にお2人そろって、マイ・ナイト・アウトを訪れてくださいました。

「お世話になりました」と、とても美味しいチョコレートをプレゼントいただきました。甘いカカオの香ばしさが口いっぱいに広がり、喜びが胸いっぱいに広がりました。

ありがとうございます!

ドレスを引き立てるコサージュ

ドレスを引き立てるアクセサリーのひとつ。

それは、【コサージュ】です。

コサージュは花を添える意味で,華やかな席に最適です。

 

↑ シルバーのアンサンブルドレスに、大きめのブッラク系コサージュ。

かっこ良く、スタイリッシュな仕上がりになります!!

 

↑続きまして、パープル系のコサージュ。

明るく、華やかさが増します!!

 

↑最後にブルー系コサージュ。

シルバーのドレスに綺麗に溶け込みます。とても上品な仕上がりです。

 

いかがでしたでしょうか?

コサージュひとつでとても雰囲気が変わるので、選ぶのも楽しいですね♪

お気に入りのひとつを、是非マイ・ナイト・アウトで見つけてください。

http://mno.vary.jp/sora/madam.html

 

 

 

ドレスの色とバッグの色/カラーコーデ

結婚式のドレスが決まると、次に決めるのがアクセサリーです。

どんなバッグを持ち、ネックレスはパールでなくてはいけないの?ダイヤは?、シューズはバッグの色と合わせるの?、コサージュの大きさ・色・どこに挿したら綺麗かしら・・・

今日はお母様のコーディネート/バッグについてのアドバイスをさせていただきます。

昼間の結婚式では、バッグはサテン地をお勧めします。25 × 14cmのサイズを目処に、小柄の方は小さめ、長身の方は大きめとバランスを計ります。

ナイト・ウェディングでしたらビーズバッグもOKですが、花嫁の友達が持つような小さくて丸っこいデザインのバッグは、母ドレスとバランスが合わないので避けます。

一般的に、ドレスとバッグは同系色のバッグを選ぶ傾向にありますが、結婚式の母の、特に寒色系のドレスには、私は暖色系のゴールドやシャンパンカラーのバッグをお勧めしています。

ネイビーやシルバーの寒色系ドレスは上品で凜とした印象をもたらすので、暖色系の挿し色で、優しさと華やかさを加えます。

おばあ様!お洒落~☆

80代のおばあ様、お2人のドレスアップです。

お顔を紹介できなくて残念!!綺麗なお肌で本当に若いです!

とてもお洒落な方でした。アメリカの結婚式で見るスタイリッシュなおばあちゃま!

祖母のドレスもマイ・ナイト・アウトで。http://mno.vary.jp/sora/madam.html